NiceHashのBTCがハッキングされ被害総額は約78億円!?

昨日NiceHashで掘れないと思い、もしかしてメンテナンスかな?と思っていましたが、本日NiceHash公式からこのような内容が投稿されていました。

Official press release statement by NiceHash

残念ながら、NiceHashウェブサイトに関わるセキュリティ侵害がありました。当社は現在、事件の性質を調査しており、その結果、今後24時間すべての業務を停止しています。

重要なことに、支払いシステムが侵害され、NiceHash Bitcoinウォレットの内容が盗まれました。私たちは、取られたBTCの正確な数を確認するために取り組んでいます。

(一部抜粋)

公式では現在被害総額は不明と発表していますが、恐らく”1EnJHhq8Jq8vDuZA5ahVh6H4t6jh1mB4rq”では無いかなと噂されています。
実際に下記の送金履歴が残っています。

2017-12-06 05:17:12 UTC +4,655.25349748 BTC

現在のBitCoinの価格は¥1,681,484.29円となっております。
単純計算で約78億円の入金となっております。

またその後も次々と入金されています。

2017-12-06 05:41:08 UTC +8.99355885 BTC
2017-12-06 08:45:01 UTC +72.16937156 BTC

他に複数のアドレス等に送金している可能性もあるので、実際の被害はまだあるかもしれません。

公式によると、ハッキング被害として公表していますが、一部ユーザーでは運営の自演では無いかと言われています。この情報は定かでは無いので、当てにしないでください。

仮想通貨の管理について

ビットコインを初め仮想通貨は自己管理する必要が有ります。
取引所やプール等に仮想通貨を置いて置くと今回の事件の様にハッキングや自演に巻き込まれ多大な被害をもたらす事になります。
実際日本では過去にマウントゴックスの事件も有りますのでユーザーはしっかりと自己管理をしてほしいです。

保管方法としては、ハードウェアウォレットを使用すれば安全に管理することが出来ます。

スポンサーリンク

フォローする