GeForceExperienceで撮影した動画の音ズレの直し方

GeForceExperienceで撮影した動画を編集ソフト等を用いて、編集した際音ズレの経験はありませんか?
今回はその音ズレの直し方を紹介します。

音ズレの原因

VFR(可変フレームレート)かCFR(固定フレームレート)の問題です。
簡単に説明しますと、
VFRの場合60FPSで撮影した場合60FPSではなく動画に動きが少ないシーンでフレームレートを減らして撮影を行っております。
CFRの場合60FPSで撮影されても動きが少なくても60FPSで撮影されます。

編集ソフト等の場合CFRの素材を使用することが前提(?)ですので、VFRの素材を使用すると音ズレが発生します。

使用ソフト

HandBrake (Download v1.0.7)

やり方

各自でHandBrakeをダウンロード&インストールを行ってください。

HandBrakeを起動し、『Open Source』をクリック

“File”をクリックして、固定フレームレートにしたいファイルを選択

“Video”タブを選択肢、「Constamt Framerate」を選択し、Qualityのスライダーを一番右まで持っていくと高画質のままエンコードされます。
“Browse”から書き出し先を選択し、上にある”スタート”を押すとエンコードが開始されます。

スポンサーリンク

フォローする