【EPIC GAMES】クロスプラットフォームオンラインサービスを無料提供!

EPICGAMESは、2019年から開始されるクロスプラットフォームのオンラインサービスのロードマップを公開しました。

今回公開されたオンラインサービスの内容は、EPICGAMESが「フォートナイト」のサービスを通じて、7つの主要プラットフォームで約2億人のユーザーに基づいて、プレイテストを経て制作された、大規模なクロスプラネットフォームのゲームサービスです。

実際オンラインゲームを成功、運営するには、実際のオンライン環境と構築、テスト、最適化等、大きなコストと労力がかかります。
EPICGAMESは「フォートナイト」のサービスを介して構築された技術とノウハウを今回のサービスで、全ての開発者に無料提供することを発表しました。

EPICGAMESのオンラインサービスは”PC、Mac、iOS、Android、PlayStation、Xbox、Switch”の主要な7つのプラットフォームをサポートし、全ての開発者に無料提供されます。

提供される主な内容は

  • クロスプラットフォームログインや友達、状態、プロファイル、権限認識機能
  • PC / Mac オーバーレイ API
  • クロスプラットフォームボイスチャット機能
  • クロスプラットフォームのパーティーとマッチメイキング機能
  • クロスプラットフォームデータの保存、クラウドゲームの保存機能
  • クロスプラットフォーム業績とトロフィー機能

が最初のステップとして提供されます。
今後はユーザーが作成したコンテンツ、強化されたソーシャル機能、アンチ・チート等が提供される予定です。

EPICGAMESのオンラインサービスの詳細については公式のロードマップを確認できます。

Epic 2019 Cross-Platform Online Services Roadmap

スポンサーリンク

フォローする