PUBGは”2018大韓民国コンテンツ大賞”に受賞

PUBG株式会社はPlayerUnknown’s Battlegrounds(以下:PUBG)を通じて韓国のゲームコンテンツの優秀性を全世界に知らせた功労で”2018大韓民国コンテンツ大賞”海外進出部門で大統領表彰を受賞しました。

2009年にスタートし、今年で10周年を迎えた大韓民国コンテンツ大賞は、1年間で最も注目すべき成果をあげた国産代表コンテンツを選定し、その成果を共有する。 海外輸出部門をはじめ、放送映像、漫画、キャラクター、アニメ産業の斬新なアイディアで注目を浴びた有功者と団体に対して5部門で計32点を授賞する優秀コンテンツを選定、厳格な審査と検証を通じて授賞する。 今年の授賞式は先月4日、ソウルのコエックスで行われました。

PUBGは”最も短い期間で1億ドルの収益を上げたスチーム·アーリー·アクセス·ゲーム”を含め、ギネスブックの世界記録7つに登載され、同時に多数の国内外のアワードを受賞し、世界の興行に成功した。 今年7月には、ドイツ·ベルリンにてグローバル·Eスポーツ大会”PUBG Global Invitational 2018″を成功を裏に開催し、グローバル·Eスポーツ市場で競争力を立証した。PUBGモバイルも同様に、中国を除き累積ダウンロード数2億、1日接続者数(DAU)3千万人を突破し、グローバル初大会の”PUBG MOBILE STAR CHALLENGE”をドバイで開催し、世界中で人気を集めている。
日本からの参戦者も居ます。

PUBG株式会社キム·チャンハン代表は”韓国ゲームの地位を高め、国内コンテンツ産業の発展に寄与した功労が認められ、光栄だとし今回の首相はPUBGに惜しまない関心とフィードバックを与えたユーザーのおかげだ。 今後もユーザーの声に耳を傾け、さらにすばらしいゲーム性と豊富なコンテンツで応える”と伝えた。

スポンサーリンク

フォローする